『落語日和』・『趣味日和』・・・見聞録 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006.11.21(火)   芸協若手特選会     @ お江戸日本橋亭

<<   作成日時 : 2006/11/21 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

芸協若手特選会“三遊亭春馬の古典・こてん・コテン?”第六歩に行った。ゲスト出演の遊雀師匠がお目当て・・・で・・・
遊雀師、復帰後の高座、しもきた、大塚と行けてなく何をさておいてもと、馳せ参じた次第。(開演、途中入場)

神 田 ひまわり  『秀吉の婚礼』

三遊亭 春 馬   『お 玉 牛』
※真打六年目の春馬師、二つ目時代以来の高座を聴くわけでほんとお久しぶりってところ。きょうは、大阪の噺(上方)ネタおろしとのこと。くらやみの中、お玉の部屋の床さがしの様、とても可笑しかった〜。   

春風亭 小柳枝   『抜 け 雀』
※仲入り後の高座を予感させる粋な小柳枝師のネタ選びはさすが・・・
           〜〜仲 入 り〜〜
三遊亭 遊  雀   『看板のピン』
※客席から、思わず「待ってました〜」の声。薄茶のきもの、羽織に、黄色の襦袢、ちょいと背中を丸めかげんで高座にあがる姿を見ただけで胸があつくなったのは自分だけではなかったものと思う。拍手がいちだんと高くなったところで深々とお辞儀・・・。かわらぬ高座姿・・・やっぱり高座が似合うヒトだ。
まくらは、地下鉄で1000円拾った話。マネーロンダリング。
時によりふる、まくらながら、いつでも面白可笑しい。

 W モ ア モ ア    漫 才

 桂   伸  治   『初 天 神』

三遊亭 春  馬   『時 う ど ん』
※『時そば』上方バージョン。うどんをすすっている所作、そばっぽかったかな?〈そば〉と〈うどん〉のたべかた、すすり方、研究の余地あり・・・
  

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2006.11.21(火)   芸協若手特選会     @ お江戸日本橋亭 『落語日和』・『趣味日和』・・・見聞録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる